本日、初日!「あなピグモ捕獲団 月面の少年アリス」

2014年10月24日


結成17周年記念公演 あなピグモ捕獲団 PRESENTS

The Another-side Volume.4「月面の少年アリス」

脚本/演出 福永 郁央



20世紀を彷徨った怪物が辿り着いた21世紀で一体どんな夢を見る?


□CAST
石井亜矢
遠藤咲子
ますだようこ
(以上、あなピグモ捕獲団)

大竹謙作(ゲキダン:ロックンロール・ツアー)
貝谷聡
伊藤綾
古賀今日子(che carino!/che carina!)
立石義江
野中双葉
馬場阿紀子(アツコプロダクション)
木福清信
天野智範
小澤貴
若林史子
青木五百厘(劇団KⅢ)

□チケット料金
前売 2,500円/当日 2,700円
学生 1,500円
ペア券 4,500円
投資券(全グッズ付・数量限定) 5,000円

<チケット予約>
http://ticket.corich.jp/apply/57809/

□上演日時
10月24日(金)15:00/19:30
10月25日(土)14:00/18:00


【あなピグモ捕獲団とは?】
1997年、九州芸術工科大学(現九州大学芸術工学部)演劇部のOB有志により福岡にて結成。
2004年から2011年までに東京を拠点に活動を続け、現在までに38作品を発表。
昨年2013年、福岡に拠点を戻し活動を再開。
年明け、東京でお世話になっていた劇場さんからの年賀状にスイッチを押され、そろそろまた東京公演にも行きたいな〜いつ行こうかどうしようか考え中〜♪、と考え中である。
主宰・福永の描く詩的で哲学的な物語は、目に見えるリアリズムの世界に留まることのない多角的な視点から表現され、観る者の深層に迫る。
ちなみにこの不可思議な劇団名「あなピグモ」は、団体名を決めるにあたり創立メンバーが悩みに悩んだあげく、あまりに決まらないので半ば自棄になり、好きなひらがな一文字ずつを出し合って組み替えたあなグラムである、というのは冗談のような実話である。


そして今回、11年ぶりのAnother-Sideシリーズは、福永が過去に書き下ろした作品のセルフカバー集に新作を加えての短編オムニバス!



あなピグモ捕獲団 公式サイト http://www.ana-pigmo.com

スタッフ 照明 : 西本正明 (Lighting P&A)
音響 : 鳥原淳((株)エスエルアイ) /浜本竜太郎
舞台 : 安部将吾(兄弟船)
衣裳 : さる工房
宣伝美術 : Digi-太郎コーポレイション(D-T-C)
演出補佐(@東京) : 長野慎也
制作 : 紅春/PIGMIX



同じカテゴリー(イベント情報)の記事画像
博多粋人クラブ
博多リバレインホール主催!「TRY!」
博多粋人クラブ 第6回 音楽ライブ「ピンチーズの昭和の歌謡POPS 青春ライブ」
非科学実験劇場Vol.5 「家路」
「坂の上の家」
よしもとYOKAYOKAライブ
同じカテゴリー(イベント情報)の記事
 博多粋人クラブ (2017-10-20 17:50)
 博多リバレインホール主催!「TRY!」 (2017-09-08 18:42)
 博多粋人クラブ 第6回 音楽ライブ「ピンチーズの昭和の歌謡POPS 青春ライブ」 (2017-09-02 13:34)
 非科学実験劇場Vol.5 「家路」 (2017-03-26 15:28)
 「坂の上の家」 (2017-03-26 11:39)
 よしもとYOKAYOKAライブ (2017-03-04 10:03)

Posted by アクティブハカタ at 10:10│Comments(0)イベント情報
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。